全国ニュース

全国各地のニュースをリアルタイムにお届け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


富山県、品種改良で「赤いコシヒカリ」を開発

「赤いコシヒカリ」開発、古代米の遺伝子を取り込み…富山
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080105-00000505-yom-soci


ポリフェノールを多く含んでいるなど、健康に良いのはありがたい話ですが・・・。

問題は値段ですね。

どれくらいするんでしょうか?


(YAHOO!ニュースより引用)
 富山県は、品種改良で「赤いコシヒカリ」を開発した。

 赤飯のような色合いとコシヒカリのおいしさを併せ持つのが特長で、新年度から試験的に販売する。県は、「おめでたい席にいかが」と売り込んでいる。

 県農業試験場が8年かけて交配を繰り返し、古代米「赤米」の遺伝子をコシヒカリに取り込むことに成功した。コシヒカリの遺伝子を98%受け継いでいるために赤米に比べて色つやや味も優れているうえ、がん予防などに効果があるとされるポリフェノールを多く含んでいるという。栽培法や炊き方は一般のコメと同じ。

 ただ、通常のコシヒカリと同じ時期に穂が出るため、自然交雑しかねないという課題も残る。試験場はもみに色を付けて離して栽培するよう促したり、穂が出る時期をずらしたりする改良を進め、3年ほどで本格的な栽培を目指す。
19:51 | トラックバック:0 | 富山県 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る| 次のページ > >

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。