全国ニュース

全国各地のニュースをリアルタイムにお届け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


青森ねぶた祭りが開幕

青森ねぶた祭:到来、短い夏 ハネト乱舞--開幕 /青森
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000101-mailo-l02


ねぶた祭りが開幕。

台風は大丈夫?


(YAHOO!ニュースより引用)
 「ラッセラー」のかけ声とともに、青森に本格的な夏がやってきた――。前日に梅雨が明けたばかりの2日、青森市で青森ねぶた祭が開幕した。市内で最高気温34・4度(午後3時半)と今年最高の暑さを記録した中、軽快なお囃子(はやし)に合わせてハネトが乱舞。道幅いっぱいに練り歩く大型ねぶたの勇壮な姿に、全国から詰め掛けた多くの観衆から大きな歓声が上がった。
 ◇響く「ラッセラー」 今年最高の暑さ、大きな歓声
 初日は大型ねぶた13台、子供ねぶた15台が出陣した。NTTグループねぶたで囃子の笛を吹いていた同市富田、写真家、山口優一さん(36)は「演奏しながら観衆の表情を楽しみたい」と話した。ハネトで参加した七戸町の会社員、戸城昴子(あきこ)さん(23)は「昨年は遠慮してしまったけど、今年は思いきり跳ねています」と気持ちよさそうに汗をぬぐっていた。
 期間中の大型ねぶたの出陣台数は、6日の22台が最多となる。最終日は第53回青森花火大会が行われ、賞の対象となったねぶた5台が青森港を運行し、約9000発の花火とともに祭りのフィナーレを飾る。
 一方、県警は、青森署など各署から約240人を集めてカラス族対策班を編成した。期間中、黒装束などで騒ぎ立てる悪質な集団「カラスハネト」の取り締まりにあたる。
 ◇療養所入園者も全身で楽しむ
 ハンセン病元患者らが入所する国立療養所「松丘保養園」=青森市石江=の入園者らも2日、県の招待を受け、青森ねぶた祭を楽しんだ。
 県は01年以降、入園者をねぶた祭に招待しており、今年は入園者20人が観覧に訪れた。祭りの開幕前には県庁で、ハネト姿の三村申吾知事が入園者らに「今日は思いっきり暑気払いをして、元気に過ごしてください」と呼びかけた。
 入園者らは県庁前の桟敷(さじき)席で、目の前を跳ね回るハネトらに「ラッセラー」と声をかけたりして楽しんだ。入園者自治会の石川勝夫会長は「目の見えない入園者もいるが、囃子の音やハネトが跳ねるたびに鳴る鈴の音など、すべてを入園者みんなで楽しみたい」と話していた。
スポンサーサイト
13:13 | トラックバック:0 | 青森県 |TOP



トラックバックURLは http://alljapannews.blog90.fc2.com/tb.php/96-74fe19e8

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。