全国ニュース

全国各地のニュースをリアルタイムにお届け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


不正アクセスによる大規模な情報流出 再春館製薬所が被害届

<再春館製薬所>14万人の情報流出か 熊本県警に被害届
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000054-mai-soci


ここ最近、企業の情報流出が多発しています。

しかし、今回の再春館製薬所のケースはかなり深刻ですね。


名前や電話番号・メールアドレス、そしてユーザーIDやパスワードまでも流出したとのことですから。

この分だと、クレジットカードや口座番号などの情報流出の可能性もあるかもしれませんね。


再春館製薬所は、ホームページを休止して、セキュリティーを強化するそうですが、問題が起こってからの対応では遅いんですよね・・・。


情報流出を完全に防ぐのは不可能なのでしょうか・・・?


(YAHOO!ニュースより引用)
化粧品メーカーの再春館製薬所(熊本県益城町)は3日、ホームページに不正アクセスされ、顧客のメールアドレスなど14万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。同社は不正アクセス禁止法違反容疑などで、熊本県警に被害届を出した。
 同社によると、流出した可能性がある個人情報は、インターネットで化粧品の無料サンプルを申し込んだ顧客などのメールアドレス。このうち、約3万人分はユーザーIDとパスワードも、約400人分は氏名なども流出した可能性がある。また、3人は、電話番号の情報も閲覧された可能性がある。クレジットカードや口座番号などの情報は、流出していないという。
 今のところ、流出に伴う被害報告などは寄せられていない。
 1日のシステムチェックで、ホームページへのアクセスが通常の10倍以上もあることが発覚。アクセスの履歴など調べたところ、4月30日から不正なアクセスが繰り返され、通常は表示されない個人情報が閲覧されていたことが分かった。
 同社は、セキュリティーを強化するためにホームページを1日に休止。情報流出の可能性がある14万人にはメールと手紙で謝罪する。電話番号が閲覧された可能性のある3人には電話で謝罪したという。
スポンサーサイト
08:10 | トラックバック:0 | 熊本県 |TOP



トラックバックURLは http://alljapannews.blog90.fc2.com/tb.php/81-94ccb7cd

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。