全国ニュース

全国各地のニュースをリアルタイムにお届け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


さおだけ商法 なんと2本で3万円

悪徳商法:「さおだけー」2本で3万円 札幌で相次ぐ被害 /北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070621-00000026-mailo-hok


物干しざお2本で3万円・・・。

原価はいくらくらいなんでしょうか・・・?


(YAHOO!ニュースより引用)
◇10万円の請求も--市消費者センター、注意呼びかけ
 ウソを言ったり、返品を認めずに高額な物干しざおを売りつける悪徳商法の被害が5月末から、札幌市内で相次いでいる。市消費者センターによると、2万9800~10万4500円請求されたという相談が19日現在、6件寄せられた。同センターは「金額を明示しない業者からは買わないで」と注意を呼びかけている。
 5月中旬に被害に遭った豊平区の50代主婦は、販売業者がトラックにつけた拡声機で「1本500円。2本で1000円」と宣伝していたので、購入しようと呼び止めた。業者は値段を聞いてもはっきり言わないまま、竹製の物干しを切断。「代金は3万円」と言われて驚き、断れずに購入した。
 このほか、購入を断ると「もうさおを切ったから返品できない」「ただじゃすまないぞ」などと強引に迫ったり、値段を聞くと「ニーキュッパ」と言って「2980円」と誤解させたりした。
 また、返品を申し出ると、「(訪問販売ではないので)クーリングオフはできない」と反論するケースも。名前や連絡先を教えないうえ領収書も渡さず、同一業者かどうかも分かっていない。
スポンサーサイト
18:04 | トラックバック:0 | 北海道 |TOP


社会保険料取り過ぎる 宮崎社会保険事務局、ずさんな管理

今度は取り過ぎ社会保険料、11年間で1138万円…宮崎
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070620-00000013-yom-soci


あまりにもずさんな管理体制。

何を信用したら良いのでしょうか・・・?


(YAHOO!ニュースより引用)
 宮崎社会保険事務局は20日、1996年から約11年間、宮崎県都城市にあったボーリング会社から、社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料など)1138万円を徴収し過ぎていたと発表した。

 社会保険料は事業主と被保険者が折半するが、事務処理ミスで、事業所負担分だけを多く請求していた。同事務局は会社に謝罪し、21日、全額を返還する。

 同事務局によると、同社は1996年5月、役員2人の退職に伴い、社会保険に関する書類を管轄の都城社会保険事務所に提出したが、同事務所はその後も、2人の社会保険料を差し引かないまま請求を続けた。

 同社は2003年8月に鹿児島県内に移転。業務を引き継いだ加治木社会保険事務所も07年3月まで過徴収を続けていた。今年4月下旬、同社が保険料負担が多いことを指摘し、ミスが発覚した。過徴収は、都城社保分が747万円、加治木社保分が391万円。
22:33 | トラックバック:0 | 宮崎県 |TOP


渋谷のスパ施設で爆発事故発生

東京・渋谷の温泉施設で爆発、けが人複数
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070619-00000905-san-soci


爆発ということは、原因はボイラーでしょうか?

こんな事件があると、銭湯に行くのも二の足を踏んでしまいますね。


(YAHOO!ニュースより引用)
 19日午後2時半ごろ、東京都渋谷区松濤の女性用温泉施設「シエスパ」で爆発があり、東京消防庁によると少なくとも4人がけが、うち1人が意識不明の重体となった。下敷きになって逃げ遅れた人もいるもようで、同庁や警視庁渋谷署で救出活動を急いでいる。
 現場はJR渋谷駅の西約500メートルにあるホテルや飲食店が立ち並ぶ地域で、近くには東急百貨店がある。
16:22 | トラックバック:0 | 東京都 |TOP


「おにごっこ」全国初の委員会が設立される

外遊び:子供の体力向上、地域活性化へ 「おにごっこ」通し、楽しさを /岐阜
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000109-mailo-l21


「おにごっこ」、久しく聞かない言葉ですね。

しかし、テレビゲームに勝つのは至難の技だと思いますが・・・。


(YAHOO!ニュースより引用)
 ◇大人参加方式、世代間交流へ--全国初、推進委
 ◇今秋にも県大会の開催計画
 「おにごっこ」を通して外遊びの楽しさと大切さを再発見し、子どもの体力向上、地域の活性化につなげようという取り組みが、県内で始まっている。今年4月、おにごっこ推進を担う全国初の委員会が設立され、会長に就任した神谷哲郎さんが理事長を務める東海学院大(各務原市)に事務局が設けられた。団塊の世代や子どもとの世代間交流も視野に入れた社会運動への発展を目指し、おにごっこ県大会も計画する壮大な取り組みだ。
 県内の3小学校を対象に04年10月、大垣女子短大などが実施した外遊びに関する調査によると、「1週間、ほとんど戸外で遊ばなかった」が2割強にのぼった。このうち岐阜市の学校で4割、揖斐川町の学校では7割近くがテレビゲームをしていた。
 事務局メンバーの東海学院大子ども学科の大西信行教授(58)は、おにごっこは子どもが外遊びをすることで、仲間づくりにつながると考える。さらに、大人も巻き込んで、多世代が交流できる運動に高めたいという。
 大西教授によると、いまの子どもたちは「仲間」「時間」「空間」の三つの「『間』抜け人間」と呼ばれることがあるという。少子化によって遊び仲間が減り、塾通いなどで子ども同士が一緒に遊ぶ時間が短くなった。親は「犯罪に巻き込まれるのではないか」と子どもを外に出したがらず、遊ぶ空間が制限されている。大人もおにごっこに参加することで、こうした問題を一気に解決できると、大西教授らは考えている。
 同委員会は「ハンカチ落とし」「影踏み」などの外遊びも、おにごっこの中に含まれるとしており、「おにごっこ博士」として知られる羽崎泰男さん(東京在住)に、大人も参加できる「おにごっこ」方式の考案を依頼。今秋から初冬をめどに、おにごっこの県大会を開催する計画だ。
 その第一歩として2日11時半から、各務原市那加雲雀町の市勤労会館・大研修室で羽崎さんの講演会が開かれる。参加自由、入場無料。午後1時半からは同会館近くのチビッコ冒険広場で、参加者らが羽崎さんとおにごっこなどをする。
08:07 | トラックバック:0 | 岐阜県 |TOP


約2100年前(弥生時代中期)のメロンの果実が発見される

2100年前のメロン出土=弥生時代の遺跡から-果肉も、世界最古か・滋賀
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070531-00000129-jij-soci


ちょっと感動的ですね。

しかし、2100年前からメロンってあったんですね。


(YAHOO!ニュースより引用)
滋賀県守山市教育委員会は31日、同市下之郷町の環濠(かんごう)集落跡「下之郷遺跡」で、約2100年前(弥生時代中期)のメロンの果実が出土したと発表した。メロンの種子は全国の同時代の遺跡から出ているが、市教委は「表皮や果肉が残ったものが発見されるのは大変珍しい」と話している。
 出土した果実は長さ約10センチ、高さ約5センチ、厚さ約5ミリの半球状で、中は空洞のようになっている。炭化しておらず、表皮は茶色で硬く、果肉は黒っぽい色で軟らかいという。
 市教委の依頼を受けた総合地球環境学研究所(京都市)がDNAを解析した結果、メロンと判明。含まれる微量の放射性炭素から2120年プラスマイナス40年前のものと分かった。
 品種は国内で古くから食べられてきたマクワウリかシロウリとみられるという。
 果実が残った理由について、市教委は「出土した層は湿っていた上に酸素の供給がほとんどないため、微生物が活動しにくく、真空パックのような状態になっていたからではないか」と話している。
 加藤鎌司岡山大教授(植物育種学)の話 弥生時代にメロンが食べられていたことが今回の発見で裏付けられた。約2100年前のメロンの果実は世界最古と思われ、学術的に大きな意義を持つ。
17:21 | トラックバック:0 | 滋賀県 |TOP




| TOPページへ戻る|

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。