全国ニュース

全国各地のニュースをリアルタイムにお届け!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


パチンコ業界大手のダイエー 負債600億円抱え破綻

パチンコダイエー破たん 東北など43店、負債600億
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000012-khk-l04


パチンコ業界大手のダイエー(福島県会津若松市)は27日、民事再生法手続きの開始を東京地裁に申し立てました。

帝国データバンク仙台支店によると、負債額は約600億円になるとみられ、東北の企業倒産としては、2003年の不動産業関兵精麦(仙台市)の674億円に次ぐ過去4番目の規模で、パチンコ業界では東北で最大とのことです。


同社は1965年の創業で、福島を中心に宮城、山形、栃木などでパチンコ店41店、カラオケ店2店を経営し、

06年3月期には、業界で全国6位の2221億7700万円の売り上げを計上したものの、

首都圏への積極進出が裏目に出て、過剰投資で借入金が増加した上、既存店の売り上げも振るわず、資金繰りが悪化したとのこと。


不況に強いはずのパチンコ業界も今は厳しいようですね。


ある情報によると、ギャンブル性の高いパチスロの売上が増加する一方で、パチンコの売上が減少という傾向が続いているそうです。

パチスロの客単価は上がり、設置台数も大幅に増えたが、パチンコにはヒット機種が少なく、ホールは、毎日来て高額のお金を遣うヘビーユーザーに偏重した経営をしているため、ちょっとやってみるかというライトユーザーがパチンコ離れを起こしているとのこと。


状況がますます厳しくなりそうなパチンコ業界。

これからも破綻する店が増えてくるかもしれませんね。
スポンサーサイト
16:14 | トラックバック:0 | 宮城県 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。